カテゴリ:雑談( 35 )

さわやかな季節

4月16日、月曜日は朝9時児島のギャラリー「このま」に集合で午前中は、レッスンに行くための網干ユニットの練習に、新曲はパーセルの「シャコンヌ」とカーペンターズの「イエスタディ・ワンス・モア」練習の後のお楽しみは、メンバーのYご夫妻とのランチ、今回は倉敷シーサイドホテルでタコピラフ。
e0345848_12580346.jpg
e0345848_12581786.jpg
火曜日は定例の練習日、「ラクリモサ」のアルト1をYさんが練習してきていて合わせるとバッチリ表情のつけ方が上手くて曲とよくあっていた。Greensleeves to a Groundでは4小節息継ぎせずに息をケチって出してふくようにと厳しく要求された。この前新居浜で披露した「ランバダ」に打楽器を入れ楽しくするため、皆の会費で25cmのタンバリンをネットで購入。「ふるさと」と「夏」は大分よくなっているといわれたけれど、1週間たつと忘れてしまう。
e0345848_12584540.jpg
今日はいいお天気、わんちゃんを「犬の家」に予約して爪切りと手先の毛のカットと耳掃除の三点セット1080円なり。手の先が可愛くなった。爪切りに行こうというと嬉しそうにするくせに、いざとなると緊張しているところがおかしい。
e0345848_12590468.jpg

[PR]

by kannazuki1022 | 2018-04-21 13:33 | 雑談 | Comments(0)

まわりは新生活のスタート

「さまざまなことおもひ出す桜かな」の季節が終わるとあわただしく新生活の始まりが相次いだ。9日は孫の高校への入学式、何か役に立つことはとお母さんの運転手を引き受けたら、待ってるつもりが、一緒に行きましょうと誘われて、久々に入学式を体験でき若返りました。来賓に岡山県知事が原稿なしで挨拶されて、流石とかっこよかった。新1年の彼は軽音楽がやりたいという、ばあちゃんとしては吹奏楽やってほしかったけれども。入学式から弁当持ちで翌日はテストだそうだ。制服の値段をきいてびっくり。
12日は小学校の入学式、保育園のお馴染みの子がみんな一緒のクラスだと大喜び。10間ほど続いた学童の送り迎えの毎日から解放されるかと思ったら、一人で行けるようになるまで当分朝7時45分に送り出し、帰りは5時に途中から一人になるので迎えに行かなければならないみたいな感じ。
e0345848_21193288.jpg
e0345848_19033148.jpg
9日のランチは高校から近い、青江の「菜の花」コーヒー付きで1000円。
e0345848_21263861.jpg
今日のランチは「なのや」倉敷市西中新田、日替わりで1080円どちらもお薦めです
e0345848_21270105.jpg


[PR]

by kannazuki1022 | 2018-04-12 19:24 | 雑談 | Comments(0)

ブルーインパルスの予行

こんな機会はないと、誘っても誰も行かないという中、一人でマリンライナーの指定までとって準備して岡山駅で改札口に行くと「今日は瀬戸大橋開通イベントは強風のためすべて中止です」と、呼びかけていた「ええっ冗談でしょう」と、諦めきれずに児島まで予定通りの行動をとるしかなく、来なくて元々だとマリンライナーにのりこんだ。寒い中児島観光港でまっているとブルーインパルスが来た。3周くらい2機が周って去って行った。明日はとても近寄れないだろうと今日気分だけ味わってきた。何するにも障害はつきものなんだなあ。
e0345848_20315517.jpg
e0345848_20313005.jpg
e0345848_20310965.jpg
e0345848_20304674.jpg
e0345848_20302791.jpg

[PR]

by kannazuki1022 | 2018-04-07 20:48 | 雑談 | Comments(0)

保育園時代は終わった

ママさんが保育園最後の日、担任の先生が寂しそうだったよときかされた。
4月2日から学童保育が始まった、入学式までは毎日9時からはじまりで、5時の引き取り保護者が送り迎え。気合をいれて初学童の日、リュックサックに手造りお弁当を入れてもらって出発、玄関を開けて先ず、6歳児が言った言葉は「保育園時代はおわった」だった。
e0345848_20192180.jpg
途中であった一人で学童に行ってた2年生の女の子自分から自己紹介した。しっかりものの女の子と行きながらの話「なかなか大変なんよ、悪い子もおるしな」私「へえそうなんかあ」しみじみと語ってくれた。大勢の慣れた6年までの生徒が集団で狭いところで、遊んでいる。さぞかし心細いだろうとこちらは心配していた。迎えに行って、どうだったと感想を聞くと「保育園の友達3人来てなかったけど、楽しかった」という。当然行くものとして毎日通ってもう4日になる。彼女意外と環境に適応する能力はあるのかもしれない。
ママさんが帰って解放されるまでの1時間、今日は、運動会に備えてのランニングと自転車の練習。
e0345848_20194136.jpg

[PR]

by kannazuki1022 | 2018-04-05 20:55 | 雑談 | Comments(2)

1年3ヶ月の愛しき日々

ママさんが出勤が早くなったので、と保育園の送りを毎日頼まれたのが去年の1月から。「ええっ毎日ですか」と気合を入れて6時10分に起きる日々が続いた。月日が流れるのははやいもので、この度3月30日で保育園が終了した。保育士の先生も「果物が食べられないで泣いていたのが大きくなりました」としみじみ云ってくれて、本当に子どもが好きなんだなあと感動していた。私は子供でも大人と区別なしに扱ったので、「我が儘もんが、誰ににとるんか」と忍耐の日々。「なんで0度になったら凍るん」「間に合わせるって何」「油断大敵ってどういう意味」とか難しい質問にたじたじしながら、果て無き質問攻めをかわしつつ、氷のはった水たまりを自分も楽しみながら、季節感を肌で感じつつ、すごさせてもらうことができたチャンスを与えられたことに感謝。ばあちゃんにしてくれてありがとう。95歳の曾じいちゃんも毎日途中まで送ってくれた。
e0345848_10182496.jpg
e0345848_10175513.jpg
e0345848_10173330.jpg
e0345848_10171515.jpg
レオ君のリードをもって散歩できるようになって大きくなったものだ


[PR]

by kannazuki1022 | 2018-03-31 10:50 | 雑談 | Comments(0)

尾道へお花見

e0345848_10270220.jpg
e0345848_17333641.jpg

桜がこんなに早く満開とは、一週間先に予定したのを早めてよかった。元の仕事場の同僚で趣味が文学と英語のYさんと得意は数学のTさんとで、興味がばらばらの3人の珍道中、ランチと桜は一致。一日乗り放題のお出かけパスで、玉野からと中庄からと落ち合って、昼前に尾道に着く。先ず食事から、以前目をつけていた海沿いの「花あかり」という店に一直線、内容も1080円にしてはバッチリでウエイトレスが年配の気さくな方で面白かった。
e0345848_10262383.jpg
次は千光寺へロープウェイで上がろうとしたら、長蛇の列、歩く方がはやいわと歩いて登る。鍛えていない私は階段に弱いので、日頃歩こう会で鍛えている彼女と、ジムで鍛えていて元テニスの彼女に先に行ってもらう。途中で登り階段を放棄して満開の桜と向島を写しつつ降りてくるのを待っていた。
e0345848_10263973.jpg
二人とも写真も町並みも、レトロな建物も、猫の造形にも何も興味を示さない。やはり木造三階建てなど写そうとしたら、一人でないとダメだと改めて認識した。でもお付き合いでリコーダーの会には、無理しても来てくれるので、ありがたい友人たち。八朔大福買おうとしたらあと5個ですと言われ、2個だけ買って帰った。
e0345848_10271757.jpg
e0345848_10273459.jpg

[PR]

by kannazuki1022 | 2018-03-30 11:02 | 雑談 | Comments(0)

倉敷春宵あかり

友人が一度行ってみたいと、誘ってくれたので行ってみることに、倉敷川のあたりに何があるんだろうというほど大勢の人がカメラや三脚をもって集まっていた。暖かくなると人が外に出たくなるのか、何時も閑散としている商店街にも大勢のひとが行き交っていた。川の下にひそやかなあかりと、川の中にちいさな光のボール、シンプルな催しだった。観光客として、倉敷に泊まっていたとしたら結構満足なのではと思った。
e0345848_20482665.jpg
e0345848_20484506.jpg
e0345848_20491854.jpg
e0345848_20493733.jpg
e0345848_20495505.jpg
e0345848_20501068.jpg
e0345848_20502460.jpg

[PR]

by kannazuki1022 | 2018-03-18 21:00 | 雑談 | Comments(2)

帯江銅山の存在の追及

犬島美術館の出口であった強烈おばぁの説明の中に、黄銅鉱を帯江銅山から運んできていたという説明が。あの倉敷の帯江と調べてみると、本当にあった。明治末から大正ごろに銅山があったそうだ。煙害のために帯江から犬島に1909年にうつされた。犬島では1919年まで製錬していたため島には緑がなくなってしまった。
e0345848_22474110.jpg

e0345848_22462311.jpg
e0345848_22463824.jpg
e0345848_23255958.jpg
e0345848_22470555.jpg

e0345848_22460487.jpg

帯江銅山の遺構の後として、個人のお宅の畑の中に発電所の煙突の一部が残っている。おじゃました時にそのうちの方がおられて、どうぞどうぞと快くうつさせてくださって邪魔なものどけましょうかとまで、気を遣ってくださり温かい気持ちになりました。かつて、ご主人が市役所に保存のことを、申し出たけれどお金のかかることはと、断られたそうだ。あと残っている遺構は、自動車学校の裏山にすごい壁があった。
e0345848_22482801.jpg
e0345848_22484615.jpg
おばぁの説明に、黒い煉瓦のような塊は銅を取り出した後の、鉄とガラスという説明、ガラスが入っているのは本当だろうかと、あと拘っている。
e0345848_23224359.jpg

[PR]

by kannazuki1022 | 2018-02-26 23:18 | 雑談 | Comments(0)

バレンタイン終わった

商業ベースには乗らないぞと、思っているのについ買いたくなるのが悪い癖。今年から義理チョコは辞めるにしても、お孫が手作りチョコをくれた。「ぶつぶつなのは砂糖だから食べてもいいんよ」との説明付き。私はもったいなくて、食べられません。
e0345848_13455296.jpg
春がくれば、楽しみにしている新居浜での交歓会、みんなで演奏用の楽譜が新居浜から届き先日、他のメンバーに渡しました。コレルリのパストラーレは一応どのパートでもできるようにしようと私はSATを吹いてみました。牧歌的な雰囲気でのんびりと・・・いい曲です。
あと私たちは、知床旅情と遠くへ行きたいは、ギターの伴奏つきで、あと賑やかなランバダ、テレマンのトリオソナタを練習しています。この2曲は、上の旋律は私が吹きます。ランバダはワイラを聴いてのりのりで楽しそうなので吹いてみたいと思った曲です。ボリビアの曲が原曲です。

[PR]

by kannazuki1022 | 2018-02-15 14:09 | 雑談 | Comments(2)

青春時代からの友人

茨木その子の詩集、だいたい読み終えました。私が気に入るはずとわざわざ、6枚も紙に書き写してくれました。
自分の感受性くらい

ぱさぱさに乾いていく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて

気難しくなってきたのを
友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを
近親のせいにはするな
なにもかも下手だったのはわたくし

初心消えかかるのを
暮らしのせいにはするな
そもそもがひよわな志にすぎなかった

駄目なことの一切を
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ
e0345848_14285883.jpg



彼女は昔から達筆で文章力も優れていて、何より彼女から学んだことは、女は度胸です。ひとに臆さない点では彼女ほど優れている人はなかなかいないです。体格は小さくても肝っ玉が太い、友人の一人です。そういえば、私の女友達はみんな、肝っ玉が据わっていますね。
茨木その子さんは、1926年といえば、うちのじいちゃんより若くて80歳で亡くなられています。
図書館に返す前に、私が気に入ったものを、記録しておきます。

倚りかからず
もはや
できあいの思想には倚りかかりたくない
もはや
できあいの宗教には倚りかかりたくない
もはや
できあいの学問には倚りかかりたくない
もはや
いかなる権威にもよりかかりたくない
なかく生きて
心底学んだのはそれくらい
じぶんの耳目
じぶんの二本足のみで立っていて
なに不都合のことやある
倚りかかるとすれば
それは
椅子の背もたれだけ

笑う能力

中略

言葉の脱臼 骨折 捻挫のさま
いとをかしくて
深夜 ひとり声たてて笑えば
われながら鬼気迫るものあり
ひやりともするのだが そんな時
もう一人の私が耳元で囁く
「よろしい
お前にはまだ笑う能力が残っている
乏しい能力のひとつとして
いまわのきわまで保つように」
はィ
出来ますれば

山笑う
という日本語もいい
春の微笑を通り過ぎ
山よ 新緑どよもして
大いに笑え!

気がつけば いうのまにか
我が膝までが笑うようになっていた


[PR]

by kannazuki1022 | 2018-02-05 15:31 | 雑談 | Comments(0)