人気ブログランキング |

2019年 06月 30日 ( 1 )

古い家の再生・総社

立石孫一郎という人物、幕末上月城の傍で生まれたが、倉敷の大橋家の養子になり、長州の第二奇兵隊に入ったが、隊員を殺し脱走し挙句、倉敷代官所を襲撃し、総社の浅尾陣屋を焼き討ちしたかなりの人物を調べに。いろいろすごい猟奇事件が倉敷であったんだ。
その浅尾陣屋はリブ総社のすぐ近くだったとは知らなかった。今でも幕末の焼き討ちに会った塀が残されている。
総社はずっと昔に写してその後ほっておいたので町並みに寄ってみた。昔は閉ざされていた家が、再生されていていきいきしていた。
e0345848_22311834.jpg
取り壊されていて更地になっているところが多いのに、古い建物の良さが見直され、新しい試みがされているのは嬉しい。このまま残っていてほしい。
e0345848_22305804.jpg
木造近代建築の旧総社警察署にも小学生の遠足らしい団体が入っていたのも活気があって良かった。しかし若い先生が小学生の賑やかな子供たちを誘導されていたのには、大変だなと感心。私など小2生、一人でも手を焼いているのに・・・・・
e0345848_22310964.jpg

by kannazuki1022 | 2019-06-30 22:44 | 探訪 | Comments(0)