2017年 05月 24日 ( 1 )

久々に帰ってきた、アルトくん

1か月半ぶりに帰ってきた、わがアルトリコーダー。ツートンになってます。調整もお願いしていたところ、高いレの音も難なくふけるようになっている。すごい、調整ってこういうことだったのかと改めて、感心した次第でした。荒城の月のカデンツァのところも難なくふける。あれだけ苦労したのに・・・・・
なにより、KUNGの同じ色が出せないとのことで、費用を安くしていただいたのは嬉しい。
講座の先生が、1日に吹く時間は1時間半までと今日も他の方に、云っておられた。この前の新居浜の演奏会の前には暇を見つけては出にくい高音を出そうと必死で練習をしすぎたのが、割れる原因になったのは、わかっているのですが・・・・・

今日の新聞社のお楽しみのランチは、この前ご一緒した一人は欠席で、3人でした。彼女は昔ドイツで、メックのソプラノとアルトを買ったのを、今調整に出されているそうです。
講座の7人いた生徒が5人になっているのは心配、あと2回しかないので、来られたらいいのに・・・・・
e0345848_17183419.jpg

[PR]

by kannazuki1022 | 2017-05-24 17:46 | 音楽 | Comments(0)