人気ブログランキング |

大賀島寺と綾部梅林

綾部梅林の下で菜の花まつりという催しが、あれ人が大勢いると思ったら作り物の案山子だった。目を引くのががっくりして落ち込んでいるやつ。
e0345848_16510298.jpg
e0345848_18322086.jpg
e0345848_16503712.jpg
e0345848_16493108.jpg
e0345848_18320432.jpg
八浜合戦をまとめるため、邑久の大賀氏島寺へ。宇喜多一族の直家の祖父の墓があるという。
e0345848_16491322.jpg
八浜合戦で、宇喜多与太郎基家という18歳で最前線に出て流れ弾で兜を打ち抜かれて即死した青年の話。彼は当時は不治の病の脚気を患っていて歩行も困難だったとも言われていて馬に乗っていて、総大将として超目立つ真っ赤な甲冑と金色の兜をかぶっていた。標的にされない訳がない。
彼の墓が、戦死した地の与太郎神社ないし、大賀島寺にあるという。しかし八浜から邑久の山の上までわざわざ運んだとは思えない。やはり八浜か・・・
e0345848_16485189.jpg
金色の兜今度公開されたら是非見たい。現在は岡山博物館が管理しているらしい。   http://kannnazuki22.blog.jp/

by kannazuki1022 | 2019-03-04 17:00 | 郷土史 | Comments(0)

<< 野鳥の楽園が半分、ソーラーパネ...    はじめて知った女王丸事件 >>