人気ブログランキング |

犬島の美術館の出口にいる、強烈おばぁの餌食になってしまう

いらかぐみの万訪さんから、突然岡山にいるからとの連絡いただいたのが金曜日、もう奉還町を今歩いているとのこと、そのあとは宇野を歩いて、石島へいかれるという行程からして、最後の日曜日なら合流できますとご一緒できることになった。待ちわせ場所は、高松から犬島に来られるということで私は、11時発宝伝港からの船にのり港で落ち合う。まずはと島内を写して回った。
e0345848_09051849.jpg
e0345848_09054548.jpg
e0345848_09063806.jpg
最後に美術館へ行くという行程で計画。美術館は鏡を使った迷路のようなもので三島由紀夫の部屋のふすまを持ってきて合わせ鏡を使っておどろしさを出していた。さあ食事と思うとそこにおばぁが若いペアに絡んでいる。スルーしようとしたら万訪さんに大声でおじさん呼ばわれ「中国人かな」ときた。「日本語わかりますよ」というともう餌食、「ここの床の材質がなにでできているかも、わからんで帰ろうとするんかな」と絡んできて私にもおかあさん、おかあさんと何度も気分わるいなと思わせる。昭和9年生まれ、「では84歳ですね」というと「そうじゃ」とのこと、子供の時からここの煉瓦の上で遊んどって、材質のことは一番よくしっているんだとしつこい説明、あまり高飛車だから私も「この方は建築家ですよ」といってしまった。船の時間があと15分といっても「もっとはようこにゃあ」と鉄だから暖房はいらないと説明をやめない。万訪さんが「おかあさん今日はありがとうございました」と握手をしてもまだ、やめないからほっておいて出た。
e0345848_09070273.jpg
e0345848_09072945.jpg
e0345848_09075463.jpg
「今のは何だったんでしょう」と気分が良いとは言えない状態で島を後にした。そのあと岡山市内のロータリーを取材したいからと柳川など4か所を写し、西国街道の西大寺町から、上の町まで路地を含めて歩いてみても収穫は今一つ、裏路地はありません。JALの最終便6時50分に搭乗されるのをお見送りした。犬島の出来事もいい思い出と話題になるでしょうから、充実した一日でした。
e0345848_18294704.jpg

by kannazuki1022 | 2018-02-20 09:48 | 探訪 | Comments(0)

<< 帯江銅山の存在の追及    バレンタイン終わった >>