新居浜からの「モルダウの流れ」

火曜日はまた寒い日でした。冷え症だとは思わないのにずっと手がかじかんでた。人生のメリーゴ-ランドが上手く回らない。最初の4小節は息継ぎなし、三連符があってない正しく吹け、フレーズの始まりが小さく吹かないととか、最難関のところ滑らかにテンポにあわせてとか、いっぱい注意されてへこみました。今度はこの曲をメインに持ってきたいのに・・・ソプラノは吹いていて気持ちがいい、間違えたら最悪。
新居浜から、ジョイント用の楽譜届きました。適当に低音部をつけてくださいとのこと。アルト、テナーを吹いてみたところアルトは音域的に無理。なのでYさんと私はテナーでソプラノの2の伴奏を吹いたら大合奏の邪魔にならないのではと相談した。テナーを久しぶりに吹いてみたらドの音がまともに鳴らない。Yさんはずっとテナー担当してくれて、苦労がよくわかりました。
あと私たちはどのような曲を持っていくかの問題。いいのをネットで見つけた。ホルストの木星の3人バージョン。積志リコーダーさんの無料楽譜にはいつもお世話になっております。3人で配置したら1曲の最中に1回、2種類を持ち替えという技が要ります。
e0345848_13574238.jpg

[PR]

by kannazuki1022 | 2017-02-16 14:37 | 音楽 | Comments(0)

<< おちゃめ過ぎ    新居浜に行けそう >>