<   2017年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

新居浜交歓会

新居浜のムジチの会を何時もされている、スタジオ・プロバンスにて公安先輩とリコーダーガールズさんたちとリコーダー演奏の交歓会をさせていただきました。新居浜に10時頃着、高速で岡山から2時間ちょっとで到着。公安さんに出迎えていただき、若いころから半世紀ぶりの再会で一気に盛り上がりました。合同演奏する曲の練習と自分たちの曲のリハーサルのあと、イギリス風のアフタヌーンセットを美味しくいただきました。スコーンや美味しい紅茶サンド、ジンジャープリンその他、初めて味わうものばかりとっても美味しかったです。先輩の奥様手作りの狐寿司も最高の味でした。

はじめに先輩とリコーダーガールズさんによる、チムチムチェリー・追憶先輩の独唱付き・ロザムンデ
続いて、旭川リコーダーの3人でホルストの木星・コンドルは飛んでゆく・クバンツのトリオソナタハ短調第二楽章
合同でモルダウの流れ・ふるさと・夕焼け小焼け
あと、先輩の
「ロマンチックな四つの小品」より第一曲アレグロ・モデラート:ドヴォルザーク
これは私がリクエストしたものオーボエを吹かれていたころの、歌い方を思い出させる流暢な流れにうっとり・・・・・
生きていたら、来年くらいにまた、交歓会やりましょねと言い合って、お別れしました。とても楽しい充実した、一日でした。
出来の方は聞くまでもありません。楽しければいいのです。
e0345848_08245000.jpg

[PR]

by kannazuki1022 | 2017-03-27 22:23 | 音楽 | Comments(2)

ハチマキしている、アルト

昨日も、すぐ糸でぐるぐる巻きにするように云われたので帰ってミシン糸で巻くと力を入れると安物だからか、プツンと切れてしまう。大阪の三木楽器に電話するととりあえず木綿糸でもなんでもいいからハチマキをさせろといわれた。
同じ巻くならおしゃれなピンクのタコ糸を巻いてみました。これで26日の交流会まで持たせます。三木に27日に送りますと、いったもののスーパーで適当な箱を探すと、安納芋の箱しかなかった、アルト君芋と間違われるかも・・・・・
e0345848_15250167.jpg

[PR]

by kannazuki1022 | 2017-03-22 15:38 | 音楽 | Comments(0)

kungのアルトリコーダーに亀裂

一昨日の朝、練習しようと組み立てているとゴミがついているのかとしげしげ見たら、どうやら亀裂が入っているガアーンとショックでいろいろ調べてみたら、もっとひどい割れの例が載っていた、修理にだせば治るようだ。ついでに高音が出しにくいという欠点のある代物なので調整も頼もうかな、それにしても木製のリコーダーって面倒くさい・・・手間をかけなかったり吹きすぎたりするとすぐふてるんだ。KUNGをメインに使ってもう1年半になるからもう大丈夫と慣れで安心していた。
来週の日曜、3月26日の新居浜までは持ってくれと祈るばかり。いまのところはまだ鳴っている。
e0345848_09211429.jpg
e0345848_09203372.jpg


[PR]

by kannazuki1022 | 2017-03-20 09:40 | 音楽 | Comments(0)

クライネソプラニーノ購入

いつもの火曜日の定例練習の時、風邪がまだ治っていなくてひきなおしたと云ってマスクで登場のUさん、超ミニのクライネソプラニーノを出して吹いて見せてくれた。大きな手では収まらないほど小さいし、高音がぴーぴーなる。きっと新居浜の木星のために買ったんだ。

あと10日ほどになったのに、みんなで合奏用の童謡のアルトが、上手く吹けないのでかなり焦る。最後の最後まで練習してみる。

倉敷市美術館の市民講座の作品展を見に行った。友人が石膏デッサンを出展していた。彼女昔、美術専攻だったこと隠しているらしい。
e0345848_19042501.jpg

[PR]

by kannazuki1022 | 2017-03-16 19:20 | 音楽 | Comments(0)

木星・岡山版

先々週「木星」はどうかと、持っていったら、グレイトバスとクライネソプラニーノはないのでそこは割愛ということになっていた。先週風邪でお休みのUさん、新たなアイデアを持って登場、出だしのバスでは無理の音のミを下に机をおいて半分塞いだらちゃんと、曲になる。素晴らしい・・・・・クライネはソプラニーノで代用これで全曲可能になった。Uさんはバスとソプラニーノの持ち替え、私はテナーとソプラノ、Yさんはアルト。綺麗な曲で結構いいんじゃない。

「夕焼け小焼け」を新居浜に送ったのは私、アルトの2を吹いてみたら大変、Uさんはちょうど練習になっていい、と軽く言う。いつも楽譜通りに吹けと注意される。スラーがついとるじゃろうと、出だしの音はピタッと合わせの・・・・
最後の「からすなぜなくの」のところは変え指はないし、今の確率五分五分。

e0345848_22062472.jpg

[PR]

by kannazuki1022 | 2017-03-08 22:28 | 音楽 | Comments(0)