保科先生活動復帰

夏のサマーコンサートの券が送られて来たので、友人と誘い合わせて最近は行くことにしている。ところが今年は常任指揮者の保科先生「今年の4月に脳出血で入院、6月末に退院した後、現在体調に不安が残るものの、活動復帰している」と・・・ご本人から曲を始める前にご挨拶された。歩行が多少お苦しそう、指揮されるのも左手は、使われなかった。でも右手だけでもすごいキレと迫力のある指揮ぶりには、大感銘を受けました。
曲目のベートーベンの英雄は、懐かしさでいっぱいだった。次にどう展開するか半世紀にもなるのに覚えているものだ。
岡大オケのレベルは我々のころと違って、今は安心して聴くことができる。
終演のあと、誰か知った人に会わないかなと観客を見ていたが、若者ばかりで誰一人会わなかったのは寂しい気がした。去年の京大との合演の時には諸先輩が沢山来られていて懐かしかったのに・・・
e0345848_09002749.jpg

[PR]

by kannazuki1022 | 2017-07-23 09:24 | 音楽 | Comments(0)

<< あと2日になりました    わざわざ尾道まで、映画を見に >>